脱毛当日の飲酒


脱毛当日は飲酒は控えよう

サロンへは、休日や仕事帰りに立ち寄るなど様々ですが、施術当日の飲酒は控えるのがおすすめです。

なぜ脱毛前後の飲酒を控えるべきなのか?

飲酒すると肌が赤くなったり、体がぽかぽかと温かくなってきますよね?

お酒を飲むとアルコールにより、血行が良くなり体温が上がってしまうからなんです。

しかし、脱毛時に体温を上げるのはデメリットにしかならないので、控えるべきなんです。

飲酒が脱毛のデメリットとなるべき点を挙げてみましょう。

●脱毛前の飲酒は痛みが強くなることも・・・

脱毛前に飲酒することで、通常よりも痛みが強くなってしまうこともあります。

吉祥寺で人気のサロンはフラッシュ脱毛なので、痛くないよう出力パワーを下げることは可能です。

しかし、それでは脱毛効果も下がってしまい、脱毛に通う回数を増やすなどと損してしまう結果になってしまいます。

●脱毛後の飲酒で肌トラブルが起こってしまうことも・・・

フラッシュ脱毛は肌にダメージを与えずに施術することができます。

しかし、施術後の肌はとても敏感になっている状態となります。

飲酒することで、かゆみや炎症などが起こってしまうこともあるんです。

飲み会と重ならないようにスケジュール管理をしっかりと

口コミ情報の中には『飲酒しても全然平気だった』などというものもあります。

必ずしも痛みが強くなったり肌トラブルが起こる訳ではありませんが、安全第一を考え飲酒は控えましょう。

また、飲酒してサロンへ通ったはいいが、施術を断られてしまうこともありますからね。

そうなれば、また予約の取り直しで、脱毛が完了するのも遅れますし、最悪キャンセル料がかかってしまう場合もあります。

サロンへは2~3ヶ月に1度通うぐらいとなります。

飲み会などと重ならないように、しっかりとスケジュール管理を行い予約していきましょう。

スムーズに脱毛を進めていく為にも、脱毛当日はお茶や食事するだけにしておくのがおすすめですね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック shinobi1