生理中は脱毛不可?効果が下がるって本当?


生理中は脱毛不可?効果が下がる?

生理中は脱毛できるかについて調べてみました。

デリケートゾーンの脱毛は不可がほとんど

まず、生理中はVライン・Iライン・Oラインなどのデリケートゾーンの脱毛はできないというサロンがほとんどでした。

ただし、デリケートゾーン以外の部位は生理中でも施術することは可能という所は多くなっています。

できるだけ生理中の脱毛は避けよう

しかし、どの部位の脱毛でも生理中に施術しないのが一番です。

生理中は、いつもよりも肌が敏感になってしまいがちです。

その為、痛みが強くなってしまったり、肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。

人気サロンの多くが利用しているフラッシュ脱毛は、出力パワーを下げることができますが、その分脱毛効果を下げてしまうことになります。

その分、通う回数が増えてしまうことになったら、脱毛にかかるお金も高くなるだけでなく、完了するまでの期間も長くなってしまいます。

脱毛を始めるなら生理周期も把握しておこう

脱毛サロンのほとんどが予約制になっています。

多くの人が、施術後に、2~3ヶ月先の次の予約を取っておきます。

空いている日だけではなく、生理に当たらないかどうかもしっかり確認できるように、ご自身の生理周期をしっかり把握しておきましょう。

生理不順などで決まっていないという人は、吉祥寺でも1番人気のミュゼプラチナムを選ぶのがおすすめです。

ミュゼプラチナムは万が一当日生理になり施術ができないという場合でも、キャンセル料は無料となっています。

また、予約変更も、スマホやパソコンなどからネットを利用して、予約変更を行うことが可能です。

これなら、急に生理になった場合も、損することも負担もなく予約を変更できます。

ミュゼプラチナムもデリケートゾーン以外なら生理中でも施術は可能です。

しかし、ひざ上脱毛などは、足のつけ根までが脱毛範囲となり、生理中はちょっと受けたくないですよね。

また、生理痛などがひどい人も無理して施術を行うよりは、予約を変更して安全を第一に考えるようにしましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック shinobi1