病気などで通院中ならその旨を脱毛サロンに確認


病気など通院中は脱毛サロンへ確認を?

脱毛へ通う際、病気などで通院中の場合は、かかりつけの医師はもちろん、通っているサロンへも事前に確認しましょう。

脱毛できない病気もある

まず、吉祥寺の人気脱毛ランキング1位のミュゼプラチナムについてみてみましょう。

ミュゼプラチナムで脱毛できないとされている病気を挙げてみました。

・ガンの既往症

・B型肝炎やC型肝炎などの感染病

・糖尿病

・心臓病

・肝臓病

・甲状腺疾患

・緑内障

・てんかん

・ペースメーカー使用者

・アルコール依存症

・薬物アレルギー

同じフラッシュ脱毛でも、使用している脱毛機器の性能なども変わってくるので、サロンにより脱毛できない病気は変わってくることもあります。

また、病気の程度によっては脱毛を受けられる場合や、かかりつけの医師の許可があれば施術可能という場合もあります。

吉祥寺で人気の高いサロンでは、フリーダイヤルや無料のメールなどの相談窓口があるので、まずは問い合わせてそれぞれで確認してみましょう。

風邪の場合も、事前に問い合わせ&早めに予約変更を

特に持病がないという人も、脱毛に通っている間に通院したり、薬を服用してしまうこともあるかもしれません。

脱毛前に薬を服用している場合は、事前に問い合わせておきましょう。

抗生物質を含んでいる場合などは、いつもよりも痛みを強く感じたり、火傷してしまう可能性も出てきます。

特に、体調が悪い状態での施術はおすすめできません。

脱毛効果が下がってしまったり、肌トラブルを起こして病院に通うのが増えてしまっては最悪です。

体調が悪い時は無理をせずに、予約を変更することも必要です。

キャンセル料を払うことになり損した気分になるかもしれませんが、効果が出なかったり、火傷を起こすよりはいいでしょう。

脱毛は数回通うだけですが、2~3ヶ月おきなので、長くかかってしまいます。

始めたら、体調管理をしっかり行い、施術前は特に気をつけ、予定通りスムーズに通えるようにしましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック shinobi1