脱毛できない人


脱毛できない人は?

脱毛サロンで脱毛したい!と思っても脱毛できない人もいるんです。

脱毛できない人の主な理由の1つとして、ホルモンバランスが安定していない人ということが挙げられるでしょう。

ホルモンバランスが安定していない人とは、生理がきていない未成年・妊婦・授乳中の人などになります。

生理中の人もデリケートゾーンでなければ脱毛ケアできるところもあるようですが、やはりホルモンバランスが乱れている為できれば脱毛しないほうがいいですね。

ホルモンバランスの影響により、肌が敏感になりやすくなっています。

サロンの脱毛ケア自体は安全第一に行っていますが、ちょっとしたことでダメージを負いかねなので、綺麗に脱毛するためには安定するまで待つことも重要です。

特に妊婦さんは、精神的にも疲れやすくなっているので、無理して脱毛しないように。

未成年の場合は、初潮から1年が経つまで待ってから脱毛をはじめましょう。

授乳中の人は、授乳が終わり通常通りの生理に戻ってから脱毛をはじめてください。

もし、脱毛コースに通っている最中に妊娠した場合は、お休みすることができるかどうかをサロンに聞いておくと、損をすることもないので安心ですね。

他にも、持病をお持ちの人は、病気や飲んでいる薬によっては脱毛できない場合があります。

まずはかかりつけのお医者さんに相談してみてからサロンのカウンセリングで相談してみましょう。

また、市販薬を常用しているという人も、カウンセリングで一応確認しておくことが重要です。

薬を飲み続けたまま脱毛したことで、ケア後大きなシミになってしまったなんてこともあるので、自己判断は行わないように!

そして、お肌が弱いと脱毛できないって決め付けていませんか?

意外ですが、アトピー性皮膚炎でカミソリ負けするような人でも、サロンの脱毛で脱毛してきた人は多いんですよ。

ただし、ただれて傷になっている場合は脱毛ケアできませんので、脱毛するときの肌のコンディション次第でできるできないという場合もあります。

たくさんの肌を見て脱毛してきたスタッフにしっかり相談することが大事ですね。

このように不安な点があれば前もってカウンセリングで聞いておくことは必須ですよ。

不安なまま、無視して脱毛して万が一悪い結果になって後悔しても遅いですからね。

こちらの相談に対して、どれだけ親身になってわかるまで説明してくれるサロンを見つけましょう。

カウンセリング前に電話やメールなどで気軽に質問できるサロンもありますので気になる人はぜひ利用してみましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック shinobi1