脱毛エステサロンで脱毛不可の部分


脱毛エステサロンで脱毛不可の部分はある?

脱毛サロンでも脱毛不可能な部分がいくつかあるので知っておきましょう。

まず、Iライン脱毛は最近でも脱毛する人が増えてきましたが、粘膜部分のムダ毛はほとんどのサロンで脱毛できないんですよ。

そして、ほくろやあざ・傷跡上にあるムダ毛の脱毛もできません。

タトゥーが入っている場合も脱毛を断られるでしょう。

これら、脱毛できない部分には共通点があります。

フラッシュ脱毛の仕組みは、黒い色に反応する光を当てることによりムダ毛にだけダメージを与え脱毛を促しています。

しかし、ほくろやタトゥーなど肌の色が濃くなってしまうと、ムダ毛にダメージを与える前に肌へもダメージを与えてしまうことになります。

脱毛マシンは強弱の出力調整ができるので、出力を弱くすればケアすることもできない訳ではありません。

とはいっても出力が弱い分、脱毛効果は低くなってしまい、その分脱毛回数を増やさないと満足する効果は得られないでしょう。

さらに、通常より痛みが増し、ひどくなるとやけどなどのトラブルを起こす危険性があるんです。

利用者のことを考え、より安全に脱毛ケアを行っている為、これら脱毛不可な部分があるということを知っておきましょう。

もし、脱毛したい箇所にほくろなどある場合はテープなどで保護してから脱毛ケアを行ってくれるので事前にカウンセリングで相談しておきましょう。

薄いほくろだったので、そのままケアしたら、ほくろの色が濃くなってしまった・・・という失敗談も聞くので慎重に。

このように、黒い色に反応するフラッシュ脱毛マシンは、当然ながら白髪には効きません。

また地黒だったり、日焼けで黒くなった肌では脱毛は断られる場合があります。

  また、日焼けで・・・ (地黒を抜く)

ほくろやあざなどと同じく、ムダ毛に反応する前に肌に反応してしまい、脱毛効果が薄れてしまったり、肌トラブルになりやすい為なんです。

日本ではフラッシュ脱毛が人気1位となっていますが、アメリカでは今だに痛くて時間のかかるニードル脱毛の人気が1位になっています。

金髪の白人や肌の黒い黒人にはフラッシュ脱毛の効果がありませんからね。

安くて早いフラッシュ脱毛は、日本人のムダ毛と肌には合っており、その結果、これだけ脱毛サロンが増え、お値段も安くなっているといっていいでしょう。

とはいっても、日焼けは大敵なので、脱毛前も期間中もしっかりとUV対策をして肌を焼かないようにしましょうね。

脱毛出来るか不安な部位がある人は、まずは無料カウンセリングを受けて相談してみるといいでしょう。

 

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック shinobi1